1111

へんてこデカグレにデカ顔MIX犬の弟が…。 どうなっていくのか れおこた家… 

レオン&エル&ピーすけ。

こんにちは、久しぶりの更新、イタ子です。
えるおんが少しお話しましたが、私からも少し話したいと思いまふ。
あ、そりゃ勿論長文ですので気を付けて下さいね^^
 
 
凄く雰囲気の良い某ドックカフェさんにて動物とお話できるというヒーラーさんを通して、
レオンとまさかのエルとお話してきました!!
うわわわわわわわ!って感じです。
実はイタ子はエルが亡くなる直前あまりエルのお世話をしなかったのです・・・・
そのままエルは天国へ。とても後悔しています。
レオママとえるおんは凄く心配していたのに。
ということで私は怒られることを覚悟に・・・・
 
 
あと、メモもとることにしました。
レオママもメモする気満々だったのですが出来なかったそうで。
とりあえずヒーラーさんが言ってる言葉は殆どメモできたと思います。
ページはエルとレオン合わせて3ページ。でも改行無くビッシリかいたつもりです。 
 
そのノートがこちら↑
自分で言いますけどすごいでしょ?←  これ全部文字ですよー(笑)
エル編ははじめから終りまで泣いてばかりでしたが頑張りました。
「ん?このノートの下にいるキャラ達知ってるな」という方は是非お友達に!← 
 
レオンですが、ヒーラーさんが「何か言いたいこととか要望とかある?」ときくと、
いきなり「嫌な事があるから話していい?」と何だかドキドキ。
どうやらレオママについてらしいのですが、そこはまぁまたレオママが詳しくかくと思います。
とりあえずわたくしイタ子についての発言をここではかきたいと思います。
レオンは、
「イタ子は僕を子供扱いするけど大好きだよ!凄く可愛い僕の自慢の妹だもん!それにレオママと同じいい匂いがする!」 
また俺はお前の妹か!!Σ(゚Д゚|||)
前回と同じやねぇ(´。` ) =3
そして前回、「イタ子の言葉意味わかんない」と言われ、言葉を解説するようになったんですが。
「あ、あとねー少し詳しく言葉を教えてくれるようになった!」
とレオンも分かっているご様子。安心安心!!
そして朝イタ子を起こしてくれることについては・・・
「イタ子は僕の妹だから、お兄ちゃんがしっかりしなきゃ!イタ子は可愛いから一番に起こすよ♪」
ごめん、嬉しいのとツッコみたい気持ちがごっちゃになって喜べねぇorz 
 
 
エルちゃんは私はごめんなさい!と言うと
「多分イタ子は私のことを受け入れることができなかったんじゃないかしら・・・でも私はそんな貴方が大好きよ」
うわああああああああああああん・゜゜・(/□\*)・゜゜・
僕も愛してるよエルー!! 
「私はイタ子を妹のように思っているけれど、成長したわね。レオンにも言っておいたわ。妹のイタ子をよろしくって。」
え・・・あ、エル姉さんも自分を妹だと思ってたんスか!!ああ、でもそうか15歳ですものね・・・・
姉さんだよなぁエルは。自分より1歳年上ですよね。
 
イタ子は美術部で、油絵でエルをかいたのですがそれについてきくと・・・・
「ええ、あの絵のことでしょう?とても嬉しかったわ。ふふ、貴方が部屋で描いてる時、ずっと傍にいたから知っているわ。でも途中で絵を描きながら貴方泣いたでしょう?少し複雑な気持ちだったわ」
なななななんと!!いらっしゃったのですか!!しかも泣いたとこもみられてしまった!!w(゚ロ゚;w(゚ロ゚)w;゚ロ゚)w
実はイタ子、恥ずかしながら、絵を描きながらエルを思い出して少し泣いてしまったのであります。
 
 
 
そんな優しいエル姉さん、今は天国で幸せにしているそうです。
でも心配でしょっちゅう戻ってくるんだとか。
お疲れ様です;;
私はエルもレオンも大好きだよ!めっちゃ愛してるよ!!
勿論ピーちゃんも!!
みんな俺の家族だあああああああああ!!v(* ̄▽ ̄*)

2 Comments

ウーコ says...""
イタ子ちゃんは私と同じ末っ子で、感覚が似てます。わからない言葉を話す所もね(^-^)

メモ取りがんばったね♪
レオママもえるおんも聞くのが精一杯だったと思から…

エルを描いた油絵見てみたいなぁ♪
冬休み中だからレオンともたくさん遊べるね(^^)v



2011.12.29 20:54 | URL | #- [edit]
グレイタ子 says..."ウーコさんへ"
うわああああ!
コメントどうもありがとう御座います!!
 
つい興奮すると変な言葉とか出てくるんですよね(笑)
 
 
メモ取りは頑張りましたよ~
 
油絵もいつかまた家にいらっしゃった時おみせしたいです!
2011.12.30 13:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。